福岡県大野城市のチューニングショップ ソフトレーシーへようこそ!
RX-7 FD FC / RX-8 SE / Roadstar / ロータリーエンジン / マツダ / ユーノスロードスター NA NB NC /
<< NA ロードスター シート表皮張り替え | main | 夏季休業のお知らせ >>
ロードスター NCEC ブレーキ引きずり修理
category: - | author: SoftRacy

NC ロードスターでブレーキディスクに筋が入ると点検の依頼をいただきました

確認してみるとディスクが一輪だけ他と違った削れ方をしていました

 

ブレーキキャリパーを外してみると

キャリパーの摺動を支えるスライドピンが錆で固着しており・・・

これではブレーキを踏んだ際にキャリパーの動きが悪く

パッドが適切にローターに当たりません。

 

ディスク表面の微細な錆やゴミはブレーキを踏んだ際に削れ落ちてなくなりますが

この場合、錆やゴミが溜まってディスクに変な傷をつけてしまったと考えられます

 

ピンが挿入される部分も錆と古くなって固まったグリスがみっちり

思ったより重症でしたが、なんとか修正可能なレベルでした

 

錆が軽度の部分は磨いて対応

水やゴミの浸入を防ぐブーツは新品にしてグリスを詰めなおします

 

錆が酷かったスライドピンは新品に交換します

同時にキャリパーのオーバーホールとパッドの交換もして

安心してブレーキが踏めるかと思います

 

comments(0) | - | PAGE TOP↑







ソフトレーシー
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH