福岡県大野城市のチューニングショップ ソフトレーシーへようこそ!
RX-7 FD FC / RX-8 SE / Roadstar / ロータリーエンジン / マツダ / ユーノスロードスター NA NB NC /
<< RX-7 FD3S エアバック警告灯修理 | main | NA8C ロードスター スプリング変更 ホイール交換 >>
NA ロードスター プレッシャレギュレータ 交換
category: - | author: SoftRacy

以前よりエンジン不調を起こしているロードスターをお預かりしました

不調の再現性が低く、なかなか原因を掴めず困っていたのですが

今回かなり有力な原因が判明したので紹介します

 

いきなり見慣れない光景ですが

インジェクタ(ガソリンを噴射するスプレーのようなもの)

に燃料圧力をかけ、漏れを点検しています

燃圧はポンプの出力にもよりますが直に圧力をかけると500kPa

くらいの大きな圧力が掛かります(タイヤの空気圧が200kPaくらいです)

 

その圧力をエンジンの運転状態に応じて適切に調整する部品として

プレッシャレギュレータというものが着いています

NAロードスターの場合、インジェクターのすぐ隣。

運転状態はエンジンの吸気圧力でわかるのでインテークマニホールドに

つながるホースを差込むパイプが生えています

 

で、このパイプから何故かガソリンがじわじわ・・・

5分に一滴程度ですが

ここから出たガソリンはインテークマニホールドからエンジンに吸われます

エンジンは余分な燃料が流れ込んでくるので当然不調を起こします

 

試しにホースを透明なものに変えてエンジンを回してみます

 漏れ量がわかりやすいように長めにしてます

30分ほどでしょうか?ホースに溢れて見えるほどガソリンが溜まっています

 

これが何らかのタイミングでエンジンに吸われた時に不調を起こし

一度吸われると溜まるまでまた暫く掛かるので

発生頻度がまちまちだったのかも知れません

 

ですのでプレッシャレギュレータを新品に交換

インジェクタも脱着していますので

ゴムのリングやスペーサを交換しています

 

せっかくなので古いプレッシャレギュレータを分解

破壊しないと見れないのでなかなか見る機会はありません

 

真ん中の黒い円盤状の物体がゴムでできたダイヤフラムというレギュレータの肝な部分です

ぐにょっと曲げてみると僅かですが亀裂が・・・・

これが原因だと良いのですが・・・暫く経過観察していただきます

 

推測ですが今回のような微小な漏れだと、

ECUが学習して燃料の帳尻をあわそうと噴射量を絞り、

いわゆる薄い状態になり、高温、高負荷時にノッキングを起こしたりするかも知れません

 

                     的場

 

 

comments(0) | - | PAGE TOP↑







ソフトレーシー
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH