福岡県大野城市のチューニングショップ ソフトレーシーへようこそ!
RX-7 FD FC / RX-8 SE / Roadstar / ロータリーエンジン / マツダ / ユーノスロードスター NA NB NC /
RX-7 FC3S エンジン不調 修理
category: ロータリー | author: SoftRacy

エンジン不調のFC3Sをお預かりして原因を究明していたのですが

なかなか原因がつかめず困り果てていました

 

吸入空気量を測定するエアフローメーターの数値を測定してみるとなんか微妙な値。

経年劣化による抵抗値の誤差などもあるのですが、今回の車両は以前に

新品に交換した経歴があるので可能性は低そう・・・

 

この時点でエアフロ(エアクリーナ含む)は異常ないだろう

と思い込んだのが罠で

 

さんざん悩んで、ふとエアクリーナーを開けてみると

エアクリーナーとボックスの隙間を埋めるスポンジゴムが溶けて

ベタベタに・・・

 

ボックスの内側にもベッタリ

 

肝心のエアフローメータ

 

中に溶けたスポンジゴムが流れ込んでフラップの動きを悪くしていました

このベタベタがかなり曲者で

ちょっとやそっとでは落ちないこびりつき具合

 

なんとか頑張って清掃しました

エアクリーナも新品に交換

エアフローのフラップもきれいになりました

 

プラグやエアクリーナーなど基本的な点検は大事だなと痛感させられました

                           的場

comments(0) | - | PAGE TOP↑
RX-8 トランスミッションオーバーホール
category: ロータリー | author: SoftRacy

RX-8のトランスミッションをオーバーホールしました

今回は後期の6速トランスミッションです

リンク機構に工夫が見られますがギア部分は堅実な作りです

ミッション内部の不具合は分解してみないと判断しづらい部分ではあります

 

今回不具合があった段のギア部品です

ギア同士のスムーズな噛み合わせをさせるシンクロ機構と呼ばれる部分の

ガイドになる爪の摩耗が見られます

同様に噛み合う部品側にも摩耗があります

写真だと分かり辛い部分ではありますが

このように少しの摩耗でシンクロの作動に影響し

変速時のギアの回転が合いづらい症状につながります

 

こちらはリンク機構の一部

黒い部分に樹脂が使われています

おそらく樹脂の自己潤滑の特性でスムーズ作動をさせる目的ではないかと思いますが

こちらも割れが生じていました。

これら内部の部品を点検して必要な部品を交換します。

理想はすべてのシンクロやベアリングを交換するのでしょうが

トランスミッションは部品点数が非常に多く部品代が高額になってしまうので

必要な部分だけとさせていただきました。

 

                                 的場

comments(0) | - | PAGE TOP↑
RX-7 FD3S エアセパレータータンク交換
category: ロータリー | author: SoftRacy

オイル交換でご来店いただいたFD3Sですが

エンジンルームを点検してみると

冷却系のエアセパレータタンクが緑っぽく退色しているのを発見

 

樹脂製のタンクが冷却水を吸って変色するようです

色だけでなく強度的にも劣化しており、水温が上がって圧力が

かかった時に破裂したりする危険があります

 

幸い、部品の在庫がありましたので

急きょ交換させていただきました。

暑い時期でエアコンなども併用し水温が上がりがちになり

冷却系の負担が増えます。

早めの点検と修理をお勧めします

 

お盆の営業のご案内ですが

8月11日 (金)〜15日(火)まで休業いたします

16日より通常営業しますのでよろしくお願いします

                       的場

comments(0) | - | PAGE TOP↑
RX-7 ブレーキオーバーホール
category: ロータリー | author: SoftRacy

RX-7 FD3S のブレーキオーバーホールです

今回はオイル漏れや固着等は無かったのですが予防のための作業です

それでも分解するときにはピストンの動きにバラつきがありました

 

漏れや固着などが無ければ大抵は洗浄とシールの交換で済みます

仮にここで内部に大きな傷などがあればキャリパーを丸ごと交換

となるので定期的な修理が理想です

ピストンも目立った傷も無いのでこちらも表面を磨く程度でOk

新品の状態ですとピストンは適度な手ごたえでニュルっと入ります

RX−7のフロントは対向ピストンキャリパーですので

全てのピストンがスムースに動いてこそ性能を発揮できるかと思います

 

ブレーキパッドも新品に交換

あとはブレーキフルードを交換して完成

赤いペイントも簡単ですがリタッチしています

これで安心してブレーキを踏んでいただけると思います

 

2016年ものこすところあと僅かですね

年内は12月27日まで

新年は1月5日より平常どおり営業予定をしております

よろしくお願いいたします

                     的場

comments(0) | - | PAGE TOP↑
RX-8 ホイール交換
category: ロータリー | author: SoftRacy

後期のRX-8です

今回Wedsの新製品ホイールRN-05Nをご購入いただきました

http://wedssport.jp/products/rn05m.html

新製品ということで納期をかなりお待たせしてしまいましたが

サイズのマッチングも予想通りのいい感じに収まりました

赤と黒のコントラストがかっこいいです!

彫りも深いですよ

次は車高調が欲しくなりますね

 

新品ホイーお取り寄せできます。是非ご相談ください

comments(0) | - | PAGE TOP↑
FC3C RX-7 ブレーキオーバーホール ヘッドライト交換
category: ロータリー | author: SoftRacy
根強く愛されるFC3Cです

ヘッドライトをハロゲン球からLEDに交換です

リトラクタブルのヘッドライトの場合、
ライトが可動するので配線の取り回しなどに苦労します

LEDも純正採用される車種も増え
後付パーツとしても安定してきたと思います
HIDに比べ、スパッとしたラインが出るような感じです

と、更に修理で。
ブレーキラインからオイルが漏れております

幸い発見が早く、大事には至りませんでしたが
気付かずオイルが漏れ続けると最悪突然ブレーキが効かなくなる
なんてこともありえます。
日ごろの点検が必要かと思います

ホース交換ついでにリアキャリパーもオーバーホールします

分解したキャリパーは錆びや汚れでドロドロでした

ついでにオーバーホールして正解でしたね

新しいホースと

オーバーホールしたキャリパ

しっかり止まってくれると思います
                      的場
comments(0) | - | PAGE TOP↑
RX-7 FD3S ABS警告点灯 修理
category: ロータリー | author: SoftRacy
メンテナンスでお預かりしたRX-7

ご依頼でABSの修理を承りました
以前より時々点灯しては消えるを繰り返しいよいよ点灯したまま
消えなくなったそうです


ABSセンサーの断線などよくある故障なので恐らくそのあたり
だろうと思っていましたが
診断機を通してみると見たことの無いコードが。
油圧ユニットの内部に故障があるようで・・・

配線図をもとに内部の回路を点検するも異常がみられず

あとはコントロールユニットの故障か??
と、エンジンルーム内の配線の中継コネクターを外すと・・


中段左端

浸水により緑色に変色した粉が・・・

コネクターから端子を引き抜くと
腐食が酷くポッキリ・・・

微小な腐食なら清掃で修整可能ですが
今回はボロボロになっていたので端子を切り落とし新しいものを作り直しました

エンジンルーム内のコネクターは基本的に防水加工されているので
通常使用では水が入ることはほとんどありません。
しかし穴あきのエアロボンネットなどでエンジンルームに水が入りやすい環境で
長期的に風雨にさらされると電装部品に思わぬ故障が発生する
場合もありますので注意が必要かと思います
                        的場

 
comments(0) | - | PAGE TOP↑
RX-7 FD3S オイル漏れ 修理
category: ロータリー | author: SoftRacy
オイル漏れ修理でRX-7 FD3Sをお預かりしました

非常に綺麗なスピリットRです。
エンジンの載せ変えもされているようでコンディションは良いようです

あまり見ない症状なのですが

エンジン下部、タービンを潤滑したオイルがオイルパンに戻る
リターンパイプの継ぎ目からじわじわとオイルが漏れているようです

漏れ部の間に入っているガスケットを外してみると

黄色点線の部分に傷でしょうか?変形の痕がみられます

エンジンを載せ変えたときのガスケットの挟み方が悪かった
のでしょうか?

こちら新品のガスケット

側面からみると微妙に膨らんでいます

この膨らみが、部品を固定した際に隙間に沿って綺麗に変形することで
微妙な隙間をピッタリ埋め、オイルなどの漏れを防ぐ仕組みです
ですのでガスケットの再利用などをすると隙間に綺麗に沿えずに
漏れ等を誘発する要因となりますので注意が必要です

在庫しておりましたRX-8ですが
http://blog.softracy.com/?eid=1294540
誠にありがたいことに先日ご成約いただきました。
お問い合わせいただいた方、紹介宣伝していただいた方ありがとうございました。
これから納車に向けて準備させていただきます
                          的場
 
comments(0) | - | PAGE TOP↑
RX-8 マツダスピードバージョン. 入荷
category: ロータリー | author: SoftRacy
ご成約いただきました。ありがとうございました。

RX-8 マツダスピードバージョン の販売車両を仕入れました。

マツダスピードフルエアロ

外装綺麗です

内装も綺麗







平成16年式 マツダスピードバージョン
走行距離 128000km
エンジン交換済み。交換後、小走行(マツダスピード仕様バランス取り)
ホイール:RAYS CE28
サスペンション:オーリンズDFV(オーバーホール後小走行)
外装:マツダスピードフルエアロ
シート:前席左右RECAROセミバケット
その他、社外部品多数装備
走行距離は結構多めですがエンジン交換、足回りオーバーホール済みで非常に調子が良いです
この程度の車体はなかなかめぐり合えないと思います
お探しの方は是非!!
金額、詳細はお問い合わせください。
TEL092-513-0951
担当:金子
comments(2) | - | PAGE TOP↑
RX-7 FD3S ブレーキローター研磨
category: ロータリー | author: SoftRacy
ブレーキのローター修整でRX-7 をお預かりしました

円盤状のローターをパッドで挟み製動力を得るディスクブレーキ
基本的にはブレーキパッドの方がや軟らかく削れ易い材質で
できていますが
長期的に使用をすると僅かではありますがディスクの方も
磨耗してきます

ディスクの磨耗は温度やサビやブレーキの踏み方などにより
必ずしも均一に磨耗しません。
磨耗度合いが進むとディスク表面の凸凹や歪みがひどくなり
制動力やコントロール性に影響します

ディスクに十分な厚みが残っている場合、ディスクの段差を
加工によりフラットにすることで新品同等の性能を取り戻すことができます
(メーカー指定の磨耗限度内であるのが前提です)

加工後のディスク
面がフラットになっています

ディスク面と同様にパッドも凸凹の磨耗をしている場合もあります
今回のようにディスクを研磨したり新品にした場合は
パッドも同時に交換されることを強くお勧めします

パッド交換の時期とディスク交換(修整)のタイミングを合わす
といいですね。


あとは面がなじむまで丁寧にブレーキを踏んでいただければ
ディスクとパッドが綺麗になりしっかりブレーキングできるように
なるかと思います
                       的場
comments(0) | - | PAGE TOP↑
new old

ソフトレーシー
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • NA ロードスター オイル漏れ修理
    hh (08/04)
  • NA ロードスター オイル漏れ修理
    hh (08/04)
  • NA ロードスター オイル漏れ修理
    hh (08/03)
  • NA8C ロードスター エンジンオーバーホール後編
    hh (11/04)
  • NA8C ロードスター エンジンオーバーホール後編
    hh (11/04)
  • NA8C ロードスター エンジンオーバーホール後編
    matoba (08/30)
  • NA8C ロードスター エンジンオーバーホール後編
    hh (08/30)
  • NA8C ロードスター エンジンオーバーホール後編
    hh (08/26)
  • NA8C ロードスター エンジンオーバーホール後編
    hh (08/26)
  • NA6 ロードスター オイル漏れ修理
    SRkaneko (06/13)
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH